確実に取得するために!ドローン資格で失敗しないためのポイントなどをご紹介!

このサイトではドローンに興味がある人や、ドローン資格を取得したいと考えている人に役に立つ情報をポイント別に紹介していきます。
独学で勉強していくよりも専門のスクールに通ったほうが安心して学ぶことができる魅力についても、詳しく解説していきますから実際にドローンに興味がある人もチェックすると面白いかもしれないです。
独学でやっていきたい場合の勉強法についても紹介していきますから、ドローンで学びたいことがあれば一度はチェックしておく価値があります。

確実に取得するために!ドローン資格で失敗しないためのポイントなどをご紹介!

ドローン資格にはいろいろな種類がありますから、最初に自分が必要としている資格が何なのか把握しておかないといけないです。
取得したいドローン資格が決まったら、今度はサポートしてくれるドローンスクールが存在する場所を探していかないといけません。
基本的にドローンスクールではドローン資格を取得するために必要なポイントを重点的に学んでいくことができますから、何も知識がないような人でもしっかりと取得することが可能です。

ビジネスでも役に立つドローン資格

ドローン資格はラジコンヘリコプターか何かのように、主として趣味の世界に留まっていると思っている人がまだまだ多いかもしれません。
確かにまだまだ黎明期の分野ですので、業務上でドローンを使っていたりドローン資格が必要とされる場面は多くはないのが実情です。
ですが趣味だけではなくビジネスでも役に立っている現状はありますし、近い将来はもっと活躍の場が広がると大いに期待されています。
ドローンはカメラを搭載して上空から撮影や監視ができますから、例えば混雑したイベントやお祭りなどの会場での警備に使えるでしょう。
今までは高価なセスナ機とかヘリコプターでしか行えなかった上空からの報道画像とか、広告作りなどのための商業目的での撮影が広がることも予想されます。
高層ビルやダム・トンネル・鉄橋といった構造物は定期的な点検が必要ですが、高所での作業は危険も伴います。
ドローンを使えば少なくとも目視点検は代行させることが可能です。

趣味を楽しむために取得するドローン資格

以前はラジコンというと、自動車やバイク・船が基本でした。
ところが2000年以降になると、そこに飛行機も加わるようになります。
多くの方が一度は見聞きをしたことがあるドローンがそれであり、4つのプロペラを備えた独特の形状をしているものです。
単に飛行をするだけでなく、高度なカメラを備えているため空中撮影を実施できる点が魅力のアイテムです。
写真が趣味だという方に注目を集めており、ドローン資格を取得される方も増加しました。
簡単にここで、ドローン資格の取り方と趣味に生かすコツをご紹介しましょう。
まずは全国にあるドローンスクールに入学をして、必須カリキュラムを学ばないといけません。
150時間の講習を受講し、その後におこなわれる技能試験をパスすればライセンスが付与されます。
空中撮影は以前だとヘリコプターなどに搭乗をしないとできないものでした。
それを気軽に楽しめるのがこのラジコンの良さで、美しいフォト撮影に生かせます。

知識レベルに応じて分けられているドローン資格

ドローンは無人の飛行機を、遠隔操作や自動制御で飛行させることが出来ます。
飛行自体を楽しむ人や最近はカメラを設置して空中を撮影するという人も増えてきて、ドローンに興味を持つという人も多いです。
ドローンを飛行させる為に必要な免許は、現段階ではまだなく誰もがドローンを飛ばすことが出来ます。
ドローン人口が増えるにつれて、様々な事故も増加しています。
空中を飛行する為には、知らなければならない知識や操縦技術があります。
安全に楽しくドローンを飛ばす為に、ドローン資格の取得が必須です。
様々なドローンの民間団体が存在していて、ドローン資格も種類があります。
しっかりと知識と技術が身につく、団体の資格取得をおすすめします。
複数あるドローン資格はどれも今持っている知識レベルに合わせて等級などが設定されていて、レベルによっては飛行許可申請の簡略化が可能な資格もあります。
空中飛行でのトラブルを無くす為にも、今の自分に合っている資格を取得することが重要です。

ドローン資格の試験対策は公式が発行する教科書

ドローン資格を取得するためには講習に参加し、その最後に行われる修了試験に合格しなければなりません。
この修了試験では、実技だけでなく学科の試験も行われますが、その対策として便利なテキストは、なんといってもドローン資格認定団体が発行する教科書です。
その理由は、資格認定団体が発行する教科書にはドローン資格を取得するために覚えなければならない内容がほぼすべて網羅されており、修了試験の問題もこの中から出題されるからです。
練習問題も用意されていて、解答ではなぜそのようになるのか詳しく解説されています。
公式発行のテキストが取り扱われている場所は書店、インターネットショッピングサイト、公式Webサイトなど、資格認定団体によって様々です。
Webサイト上から注文可能であればそこで手続きをとれば手に入りますが、Web上での取り扱いがない場合は電話やFAXなどで注文をしたり、書店で頼んで取り寄せてもらう必要があります。

著者:牧原秀彦

筆者プロフィール

熊本県阿蘇市生まれ。
ドローンスクールを地元で開校。
ドローンの資格について詳しく記事を書きました。
熊本 ドローン資格