参考にしたい千葉の永代供養墓

参考にしたい千葉の永代供養墓

最近では結婚されない方や、結婚をしても子供を作らず夫婦2人暮らしの家庭も増えてきた。

また、子供たちが海外など遠方で、なかなか実家へと来られないなど、各家庭の都合によりお墓の管理をするのが難しい環境である。

そんな時に利用できると便利なのが永代供養である。

これは、お墓参りをしてくれる人がいなくても、代わりにお寺が管理・供養してくれる制度。

納骨堂やお墓の形式は他のお墓とは変わらないが、永代供養の場合はお彼岸やお盆の際の供養をその家系の子孫ではなくお寺さんがしてくれるのだ。

千葉にあるお寺の例で言うと、掃除やお供えは勿論、毎月の供養もお任せできるという。

かなり手厚い待遇だ。

千葉には他にもこういったお寺はあるようなので、ご近所や元々自分のご実家のお墓があるお寺などに尋ねてみると、永代供養について詳しく教えてもらえると思う。

不安に思う事なく、心安らかに静かに過ごすためには、生きているうちからの行動が必要なのだ。

千葉のお寺の永代供養の宣伝

千葉にあるお寺の、永代供養墓の宣伝を見かけた。

千葉に限らず存在するが、やはり自分の死後お墓の管理をどうするのか、悩ましく思っている人が多いのだろう。

永代供養の良いところは、なんといっても供養をお寺がやってくれるという点だ。

これならば子供がおらず、お墓を継ぐ人が居ない場合でも、あるいは自分の死後に子供たちへの負担を少しでも軽くするためにも、はたまたお金のかかり続ける檀家制度に少々疑問を抱いていても、使いやすい制度となる。

千葉で永代供養をする

元々こだわりのある人が言っていた「家もお墓もその家の長男が継ぐもの」という風習が薄れてきた結果、このような制度を使って自分の死後に安心感を買えたり、お寺の収入獲得につなげやすくなったのだろう。

時代は変わるものだ。

お墓だってそうだ。

少し制度やあり方が変わったところで今更驚かない。

丁重に供養され、魂が休まるかが問題なのだ。

残された人への手間を考えても、永代供養はなかなかいい制度だと思う。

Comments are closed.